CMS構築 WordPress

CMS

島根県松江市ホームページデザインウェブマジックでは、CMSとして人気の高いブログソフトウェアのWordPress/ワードプレスを使用したCMSブログサイトを構築(制作)しています。簡単なカスタマイズからから、お客様のご要望に合った完全オリジナルブログも構築(制作)可能です。

wordpress

CMS導入構築のメリット

  1. ウェブ制作知識不要
  2. いつでもどこでも手軽に更新(スピーディー)
  3. 制作コスト削減
  4. ユーザビリティとアクセシビリティ効果
  5. SEO(検索エンジン最適化)
  6. 時系列で並ぶデータベース
  7. 簡単情報収集
  8. 更新情報を自動で通知
  9. ウェブサイト風の使い方も可能

CMS(コンテンツマネージメントシステム)とは、ホームページを構成する文章、画像、デザイン情報を一元的管理するソフトウェアの事です。

aaa

ウェブ制作知識不要

ホームページを作成するにはウェブ制作技術に関する知識が必要ですが、CMS導入なら難しい知識は必要ありません。(デザイン・レイアウト等の初期設定はウェブマジックの仕事です。)

またデザインが統一されているので、会社内で・営業担当・企画担当など各部所ごとに更新する事が可能です。また商店街(組合)などでも商店街(組合)の各店舗ごとに個別にページを持ち、各店舗ごとに個別に更新するという使い方も可能です。

運用例(Wordpressを利用した場合の運用例)

いつでもどこでも手軽に更新(スピーディー)

今まではちょっとした更新作業も、制作会社へ依頼し時間とコストがかかりました。CMSを導入後は、パソコン(場合によっては携帯)とインターネット接続環境があれば出張先など、いつでも、どこからでも簡単に更新することができます。自分で手軽に更新出来ることがCMS導入の最大のメリットです。

制作コスト削減

通常ホームページを更新、あるいはページを追加する際など1ページ単位で更新料をいただいておりましたが、上記のようにお客様は更新内容をワープロ感覚で入力するだけで情報が反映されます。つまり今まで必要だった更新料は不要というわけです。

ユーザビリティとアクセシビリティ効果

ウェブ標準仕様で構築されます。通常ウェブ標準仕様で構築されたサイトは、ユーザビリティ及びアクセシビリティ効果が高いとされています。ユーザビリティとはユーザーの使い勝手の事。アクセシビリティとは高齢者や障害者でもアクセスできる事(利用者、利用環境を選ばない事)を意味します。(簡易解説)

SEO(検索エンジン最適化)

ユーザビリティとアクセシビリティ効果の高いホームページ、つまりウェブ標準仕様のホームページは、検索エンジン大手のYahooやGoogleのSEOにも有利とされています。これはウェブ標準仕様で構築する事が、検索エンジンのクローラー(巡回プログラム)にも優しい設計だからです。SEOを業者に依頼すると莫大なコストがかかりますが、構造面でみると始めからSEOを備えている優れものです。

時系列で並ぶデータベース

ブログ部分は入力したデータが時系列で並ぶデータベースです。カテゴリー別、月別データとして表示する事が可能です。このデータを生かすも殺すもお客様の活用次第です。時系列データとして活用できる点もCMSのメリットです。

簡単情報収集

ブログ部分にはコメント機能が備わっています。発信記事又は発信情報のひとつひとつについてユーザーからの意見が聞ける(取り入れられる)点が大きな特徴です。また、はじめからコミュニティサイトとしてCMSを構築する事も可能です。ユーザーからの意見は事業主にとってチャンスを生むとても貴重な情報源です。

更新情報を自動で通知

あらかじめ設定が必要ですが、記事を更新するたびに自動でその更新内容・更新情報を配信してくれます。これはブログのPing機能やRSS機能を利用したもので、アクセスアップ等にも大変役立つ便利機能です。近年RSS機能を利用するユーザーが増えています。RSSは便利機能であると共に重要機能のひとつです。

ウェブサイト風の使い方も可能

ブログと言うと一般的に日記風サイトのイメージをお持ちではありませんか。

CMSで構築するサイトは通常のウェブサイトのように、デザイン性を損なう事なく、ウェブサイトと同様に構築する事も可能です。